ネットワークビジネスとインターネットビジネスどっちが稼げるの?

どうも!
隼斗です!

あなたはインターネットビジネスと聞いてどういったイメージをお持ちですか?

僕はよく久しぶりに会った友達にインターネットビジネスの話をすると怪しくない?とか大丈夫なの?とかネットワークビジネスじゃないの?と間違われることがあります。

名前はすごーく似ていますが、インターネットビジネスとネットワークビジネスは商品を販売する形態が全然変わってきます。

今回はインターネットビジネス初心者の方にインターネットビジネスとネットワークビジネスの違いを説明していきます。

ネットワークビジネスとは

ネットワークビジネスとはMLM(マルチレベルマーケティング)マルチ商法と呼ばれたりします。

有名なネットワークビジネスの会社にはアムウェイやニュースキンが挙げられます。

一般的なビジネスとの違いは一般的なビジネスはメーカーが卸会社や小売店に商品を卸ろし小売店から一般消費者へ商品が流通します

対してネットワークビジネスではメーカーとなる会社、例えばアムウェイが有名ですが、アムウェイの商品を買った一般消費者が友人、知人に口コミをして買ってもらうことで商品が流通します

最大の特徴は友人や知人に商品を口コミして販売した紹介者(アップラインと呼ばれます)に販売した商品の一部が報酬としてMLMの会社から支払われます

さらに、紹介した友人や知人(ダウンと呼ばれます)がその友人や知人に商品を販売するともらえる報酬の一部がアップラインにも入ります

よくネズミ講と間違われますがネットワークビジネスは法律上犯罪ではありません。れっきとしたビジネスです。

よくインターネットビジネスとネットワークビジネスの違いを説明している記事でネットワークビジネスをぼろくそに書いている記事がありますが、僕はネットワークビジネス自体を否定する気はありません(ちゃんと法律に則っていれば・・・)。

元々アメリカが発祥のビジネスでネットワークビジネスをもとに作られた詐欺がネズミ講です

ネズミ講は商品自体が存在しなかったり、価値がない物を高額で販売したり、ダウンからもらえる報酬の段数に制限がありません。

法律で連鎖販売取引というものが定められており、ネットワークビジネスの場合は報酬がもらえるダウンの段数が決まっています。

1番初めに口コミを広げたアップラインに近い人までは不労所得のように大金を稼ぐことができますが、ネットワークビジネス自体ハードルが高いビジネスです

何故かと言うと口コミで広げて販売する過程が営業だからです。よく学生や会社員、主婦がお小遣い稼ぎで始めますが営業が決まる人が少ないです。

さらに紹介者が増えてくると、紹介者に動いてもらい紹介を出してもらわないといけないので、ダウンをやる気にさせるスキルや会社で言う課長や部長などといった管理職のスキルが必要です。

最近はワールドベンチャーズのようなインターネットでの集客ができるMLMも増えているようですが、基本的に集客が自分の人脈に依存します。

デメリットとして営業の仕方が悪ければ、紹介した友人や知人に嫌われる確率が高いビジネスです

ただ稼げないのかと言うとそういうわけではなく稼ぐ人はものすごく稼ぐ人もいます。

逆に言えばネットワークビジネスで成功できる人はどんなビジネスでも成功できると言われているくらいハードルの高いビジネスですね

インターネットビジネスとは

ネットワークビジネスが人脈によりビジネスを展開するのに対してインターネットビジネスは名前の通り、インターネットでビジネスを展開します。

種類もたくさんあり、せどり・転売、輸入、輸出、アフィリエイト、情報発信、YouTuber、インスタグラマー、ブロガー、クラウドソーシングなどなどキリがありません。

例えばせどりの場合、店舗やオンラインショップから仕入れを行い、インターネット(アマゾンなど)で販売を行うことができるので完全に在宅でビジネスを行うことも可能です

集客のリスト数が人脈に依存するネットワークビジネスに対して、何千人、何万人に集客の可能性があるビジネスがインターネットビジネスです

また、友人や知人に1人または多くても十数人(セミナーを開けば数百人ですが)などに直接営業をしなければいけないネットワークビジネスと違って、商品情報をインターネットに一度アップしてしまえば商品ページに集まる人が勝手に商品情報を読んでくれ、商品を欲しい人が勝手に買ってくれます。

インターネット上のユーザーに対してビジネスを行えることでレバレッジが効く上に、ツールを使用したり、仕組化などをすることで自動収入を構築することも可能です。

また、せどりなどの物販は仕入れを行うため、資金は必要ですが、アフィリエイトや情報発信などは、ネットワークビジネスのように、自分で商品を買ったりする必要がなく、友人や知人に嫌われるリスクもありません。

と、ここまでインターネットビジネスのメリットばかりあげてしまいましたが、実際のところどちらが稼げるのでしょうか?

どっちが稼げるの?

さてどっちが稼げるのでしょうか?

正直どちらも稼げます

ネットワークビジネスであればたくさんダウン(顧客)を獲得できれば何億も稼ぐ人もいらっしゃいますし、インターネットビジネスでも顧客が獲得できれば何億も稼ぐ人はいます。

ただ、その顧客を獲得するときにせどりのようにアマゾンなどのプラットフォームを使えるインターネットビジネスであれば、集客や営業の必要がないため、営業経験のない初心者でも成果をだしやすいというのはあります。

ネットワークビジネスの場合は営業をかけなければ顧客が増えないので、初心者が稼ぎにくいビジネスなのではないかなと思います。

まとめ

ネットワークビジネスとインターネットビジネスは販売形態が全然違います。

どっちも稼ぐことができますが、ビジネス経験ゼロの初心者が取り組むのであればインターネットビジネスの方がハードルが低く稼ぎやすいです

ネットワークビジネスで稼げませんがどうしたら良いでしょうか?や初心者はどういうインターネットビジネスをしたら良いですか?などラインで質問いただければお答えします^^

今ならラインに友達追加すると副業で毎月10万円以上稼ぐための中古せどり仕入れマニュアルと利益の出る商品リスト50をプレゼント中です。

是非ご登録ください^^

スマホの方はこちらをクリックすると登録できます。
友だち追加

スマホ以外でこのブログをご覧になっている方は、LINEを開いていただき、友達追加→検索で下記のIDをID検索していただくとご登録することができます。(@を忘れずにお付けください!)
「@vdu6778g」

ブログランキング参加してます!
このブログは果たして現在何位なのか!?

せどりランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です